部屋にまつわる作業には、現状回復やLED交換などがある。

リフォームで回復

不動産経営をしていくなかで場合によってはリフォームを考えなければなりません。リフォームを行う際には専門業者に依頼をすることになるのですが、情報を収集してから依頼をすることです。

Read More

電球の交換

従来の電球だけでなく今ではLED電球の販売と普及がどんどん高まっています。従来の電球とLED電球の違いだけでなくLED電球が持つメリットについても見ていきます。

Read More

低価格化について

従来の電球より値段が高いことからLED電球の購入が避けられることが多いのですが、最近ではこのことがないように低価格化の取組が進んでいます。どういったものなのか見ていきます。

Read More

色んなインターホン

インターホンも技術の進歩から色んなタイプのものが出ているだけでなく、スマートフォンで操作することが可能なタイプも出てきています。このタイプの特徴について見ていきます。

Read More

義務である

物件の資産価値を高めたい人は必見ですよ!マンションのインターホンを購入するなら、こちらの会社に相談してみましょう。

原状回復義務の適用範囲

部屋を賃貸で借りた際には、返却時に現状回復義務が必要となります。また、現状回復義務を果たさなかった場合、入居時に支払っていた敷金から補填されて敷金が返ってこないことになるのです。しかし、今年になって敷金は原則返却しなければいけないという法律に民法が改正されました。今までは現状回復義務のない劣化なども現状回復が必要だとして敷金からクリーニング費用や工事費用が補填されていたのですが、今後はますます劣化や損傷が自然劣化・損傷かどうかが重要になります。壁や床、サッシなど、あらかじめ自然劣化・損傷の基準などについて確認しておく必要があるでしょう。敷金から補填される可能性がある場合には、個人的に壁や床、サッシの現状回復を業者に依頼しておいた方がいい場合もあるのです。

入居時に写真を撮っておこう

現状回復義務は賃貸では欠かせない義務の一つですが、退去時に敷金が返却されないとトラブルになることも多いです。そのため、退去時に自然劣化・損傷であると証明出来るように入居時に写真を撮っておくことが重要です。入居時に、壁や床、サッシなどを日付入りの写真に撮って残しておくのです。また、入居時に既に傷や汚れがある場合には必ず写真に残しておきましょう。不動産屋にあらかじめ傷や汚れについて確認してもらってもいいでしょう。退去時に自分が付けた傷や汚れだと認識されないためには、入居時の写真撮影がとても重要になるのです。また、当然ですが壁や床、サッシなどを入居者の不注意で傷を付けたりしてしまった場合には修理費用を払う必要があるので注意が必要です。